引っ越しで捨てられた長毛のかわいい老猫さん、病院へ・・・【野良猫支援】

未分類

保護ボラさんから預かった、かわいい長毛の老描さんのボルトくん。
病院へ行くことになってしまいました・・・

地位も名誉もお金もない初老夫婦の野良猫支援。
やれることからコツコツとやっていく所存です。
最終目標は『地域猫の老描ホーム』を作りたい!

愛知県春日井市、小牧市、犬山市、岐阜県可児市辺りで、住居+猫シェルターとして格安でお貸し頂ける物件を探しております。
お心当たりのある方は下記メールアドレスまで連絡いただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
info.gomokuneko@gmail.com

投稿者の豆父(まめちち)、豆母(まめはは)と申します。
・保護猫のサバトラ猫のまめた♂9歳
・元地域猫の白キジのこあら♂2歳
・飼育放棄された長毛猫のショーちゃん♂12歳
・引っ越しで捨てられた長毛で老猫のボルトくん♂年齢不明
オスばかりの4猫さんとゆるく暮らしています。

【猫さんたちを救うため地域猫ボランティア活動へのご支援をお願いいたします】

欲しいものリストはこちら
↓↓↓↓↓↓
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/genericItemsPage/20NTY2P5XVSKI

いつも応援ありがとうございます。
私たち夫婦が撮影しております猫さんたちを保護、お世話している地域猫ボランティア様。
そして、すべての野良猫にちゅるを(初老夫婦の猫支援)の活動へ、ごはん等の物資のご支援をお願いいたします。
ご支援いただいた物資に関しては、コミュニティなどでご報告させていただきます。

ボランティアさんたちも私たち夫婦も、正直なところお金も時間も人も足りていません。
でも、みんな楽しく笑顔で猫さんたちと触れ合っています。
笑顔の猫さんボランティアに、どうぞご協力をお願いいたします。

【『すべての野良猫にちゅるを』というチャンネル名に込めた思い】

猫が大好きなオヤツにちゅるというものがあります。
うちの保護猫まめたと元野良猫こあらも大好きです。
ある視聴者さんのかかりつけの獣医さんに言わせると「ちゅるを食べられないほど食欲がないのは大変なこと」と、言われたほどです。
そういう理由もあって、ちゅると言うのは猫にとって最高の嗜好品と言えるのではないかと思っています。

私たち夫婦は、単純に、純粋に、その最高の嗜好品である『ちゅる』をすべての野良猫に味わってほしいと思いました。
もちろん文字通り、すべての野良猫にちゅるをあげることなど叶わないのも承知しています。

でも・・・なのです。
そんな思いでこのチャンネル名にさせていただきました。

【ボクたち夫婦の最終目標は地域猫の老猫ホームをつくること、そしてそれを維持していくこと】

「人間の都合で捨てられて、人間の都合で痛い目(去勢避妊手術)に遭ったんだから、せめて最期まで面倒見てあげなきゃね」
あるボラさんが手作りの猫のオモチャで、野良猫(地域猫)と遊びながらつぶやくように言った言葉です。
ボクたち夫婦はその言葉に、こころ動かされました。
このことが、野良猫の支援をしたいと思うきっかけのひとつとなりました。

2018年7月25日水曜日、初めて自宅ベランダから野良猫を撮影しました。
それから近所の野良猫たちに興味を持ち、地域猫活動を知り、微力ながらサポートさせてもらうことになりました。
この3年間、野良猫とのふれあい、子猫の里親募集の手伝い、そして、愛する地域猫との別れ、そのような出来事を通して私たち夫婦も色々と思うところがありました。

それは、
・弱ってしまい、自ら姿を消してしまった猫たちへの思い。
・野良猫として生きてきた猫たちに、ごはんやねぐらやいじめの心配がない場所を、せめて最期に用意してあげたいという気持ち。
・自分たちも猫好きで、豆父は50年、豆母は26年、猫たちと過ごしてきたし、これからも猫と共に生きたい。
そんな思いが生まれたのです。

・・・でも、多くの年老いた野良猫(地域猫)を引き取りたい気持ちはあっても、それが出来ない現実。

『もう歳だ』『お金がない』『住宅事情が許さない』『特別な能力もスキルもない』
そんな、何も持たない私たち夫婦には無理だ・・・。

そう思って、私たち夫婦は自分たちの感情に蓋をして過ごしていました。

2021年6月21日月曜日の深夜、私たち夫婦は地域猫活動への相次ぐ妨害と嫌がらせのため、深夜にしか餌やりが出来ない地区に同行させてもらうことになりました。

ボラさんを後追いする猫たち、ボラさんは言いました。
「この子たちはお腹が空いているだけじゃなくて人恋しいんですよ。きっと飼われてた子もいるんです」

私たち夫婦はその日を境に、こみ上げてくる感情を抑えることができなくなりました。

『せめて野良猫として生きてきた猫たちの最期に、ごはんやねぐらやいじめの心配がない場所を用意したい。そんな老描ホームを作りたい』

私たち夫婦は、そんな自分たちの感情に素直に従うことにしました。

もちろん私たち夫婦には何もありません。
無謀な挑戦かもしれません。
でも、小さな一歩を踏み出すことにしました。

ことの進展は動画でお伝えしていきます。
ご視聴いただけると嬉しいです。

豆父、豆母

▼BGM
YouTubeオーディオライブラリ
甘茶の音楽工房:https://amachamusic.chagasi.com/
音楽の卵:https://ontama-m.com/

▼LINE友達追加
https://lin.ee/wXVBQy4

#野良猫 #保護猫 #地域猫 #長毛猫

タイトルとURLをコピーしました